Call: 0123456789 | Email: info@example.com

男性も美容整形

女性の社会進出率が低い韓国社会では、いきおい女性の人生の中で結婚が大きな
ウエートを占め、仮に就職する場合でも、容ぼうの良しあしが大きく影響すると考えられています。

ですから、整形もより良い人生を送るための努力の一つにほかならないともいえます。
さる番組が行ったアンケートでは、韓国人男性の半数近くが「整形してもかまわない」と答え、「どっちでもいい」を含めると70%が否定していません。女性も「きれいになりたい」という願望が根底にあるのに加え「異性に対して有利になれるから」と肯定的な人がほとんどです。周囲もその考え方に賛成なので、罪悪感や恥ずかしさを感じることはないようです。
有利なお見合いのためにと、母親同伴で二重まぶた手術をした姉妹などは、姉妹で
似ているほうがいいので一緒にしたという念の入れようです。

また大学入学は「合コン」デビューを意味するため、良い条件の相手を獲得しようと「美」を求める新入生で、新学期前の整形外科は大にぎわいになります。

やはり、整形も流行や失敗もあります。お直しと言う言葉も頻繁に使われているでしょう。日本に比べ手術費が安価なことも流行の理由の一つといわれますが、韓国の物価から考えると決してそうでもなく、それよりも「美」の探究心が猛烈なためだといったほうが
よいでしょう。
目や鼻、あごなど顔の手術以外にも、脂肪吸引・しわとり手術など、欧米や日本で研修した医師が本場以上に上手にしてのけます。施術件数が多いのでどんどん上手になるそうです。
最近では、一時はやった西洋的な顔よりも「きれいな韓国人」というコンセプトが喜ばれ、以前の整形をやり直す相談コーナーも大盛況です。

最近では、親が美容整をすすめる事もあるのです。

韓国でも、かつては「父母から与えられた身体をみだりに損なうなんて」との考えが強くありましたが、現代の韓国ではこの考えは薄らいでいるようです。現に親が娘に整形をすすめることも多く、美容整形のみならず視力回復手術や包茎手術などもためらいません。
あくまでも合理的にものごとを判断する韓国人らしい行動だともいえます。でもこのまま我も我もとみな整形してしまうのなら、韓国のお見合い写真は小学生のころの写真と
限定しなくてはいけなくなってしまうでしょう。もしかしたら、もうすでに小学生時代のものでも危ないかもしれません。

Have any Question or Comment?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *