Call: 0123456789 | Email: info@example.com

韓国での美容整形ブーム

韓国における美容整形事情が主要なテーマ。

なぜかと言うと、この整形願望が韓国・朝鮮人の本質を表しているのでは?と思えるからだ。

読者の方が、「歴史の整形論は、彼らを解く鍵かもしれないですね。

教科書に書けば歴史が作れると信じている」と書かれておられたが、そのとおりかもしれない。
本来あるべきものを、己の願望する姿に作り変える。

作り変えなければ満足できない。この国の美容整形事情に関する記事を読んでいると、そう思えてならないのだ。
男性の70%が、例え美容整形であってもかまわないという。

美容整形した方が就職にも結婚にも有利。美容整形も、より良い人生を送るための努力の一つ。

この国民性は、歴史だって、文化だって、表づらが綺麗であれば中身がどうであれ関係ない、ということに通じるのではないか。
見栄、虚飾、醜いものには蓋。しかし、いくら取り繕っても、その本質は隠しきれるものではない。醜いものは醜いし、愚かなものは愚かなのだ。

大学受験の合格祝に、両親が娘に二重まぶたの整形手術をプレゼントする。

笑い話にもならない、悪い冗談としか思えないが、これが彼らの社会通念だとすれば怖いものがある。
そう言えば、盧武鉉大統領夫妻も、そろって二重まぶたの整形手術を受けたという。
外観を変えれば中身まで変えられる・・・何かが狂っているとしか思えない。

以下は、語学の通信講座で有名なALCの「韓国語ジャーナル」に掲載された記事で
ある。まったく先入観のない、ニュートラルな眼で書かれたものだ。
読めば読むほど笑える内容だが、韓国・朝鮮人をトータルで捉えなおすと、笑っているだけでは済まされない不気味さを感じる

最近では、整形で大きく変わるお見合いもかなり注目されています。

別にしなくてもと思うような容ぼうの人も、手軽に美容整形で変身してしまうのがこのごろの韓国。もちろん韓国美人の全部が整形美人ではありませんが、その手の病院を訪れる韓国女性が年齢にかかわらず多いのは本当の話。
明洞のあるビルのワンフロアを占拠する病院では、若い女性だけでなく、子育てを終えたころ合いの中年女性の姿も目立ちます。
日本でも、週刊誌の特集や広告には美容整形に関連したものが必ずあり、「こんなに変わりました」と整形した人を出演させるテレビ番組もありますが、それでもその数は韓国の比ではないのです。

Have any Question or Comment?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *